スーツの人達

災害時は早急な安否確認と二次災害に遭う前に対処することが大切

知的財産の有効活用

パソコンを操作する女の人

企業で自社開発の商品やサービスの運営を開始する際、まずは商標登録や特許申請を行なう必要があります。商標登録は、類似品や模造品といったコピー商品の販売を防ぐことができますし、特許申請を行なうことによりオリジナルのアイデアの使用料など、グッズ販売とは別の収益化が見込めることでしょう。また、特許申請の出願を検討しているかたや、商品開発を行なうための資金調達がしたい方などは、様々なサービスを利用することにより、自社の商品をアピールすることができます。また、特許申請に繋がりそうなアイデアや企画案は、あるけれど開発を行なうノウハウが無い、といったケースでも仲介業者を利用することでアイデアを実現化することが可能になり、ビジネスの幅が広がることでしょう。インターネットなどで、特許や商材などを地域やジャンルから検索することのできるサイトも多く完備されてあり、契約形態やロイヤリティなどの指定をすることができるので、スムーズな商談を行なうことができます。また、個人で特許申請を行なう際も、代行で申請手続きを行なう会社が数多くあります。相談窓口や申請内容が重複していないかなど、無料で調査をしてくれるサービスも取り揃えてあるので、はじめて申請手続きを行なうかたも安心して、任せることができます。特許申請は大規模な収益化が望めるツールとして、申請手続きや商材のPRの場などは、信用のおける会社に委託することで、安心して商談に繋げることができるでしょう。